ボローニャ

次はどこにいこうか。
地図を詳細に調べ、開いている教会をチェック。
聖ドミニコかな?うん、そうね。
ポルティコが途切れるとこまで歩いて・・・そこでモデナ産バルサミコ酢を買って、
また歩いて・・・見えてきた?
うん!聖ドメニコがお出迎えやわ♪

d0085703_922348.jpg


d0085703_9222644.jpg


d0085703_9223820.jpg


d0085703_9225516.jpg


d0085703_9231387.jpg




d0085703_9233779.jpg


d0085703_9235088.jpg


d0085703_924448.jpg


d0085703_92422100.jpg


d0085703_9245843.jpg


【サン・ドメニコ教会】S.Domenico
 1228~38年にドメニコ修道会士によって建てられ、1728~32年にカルロ・フランチェスコ・ドッティ Carlo Francesco Dottiが今の形に改築した。
 13世紀の今は修復されたファサード左にバルダッサーレ・ペルッツィ Baldassare Peruzziの設計によるギジラルディGhisipardiの礼拝堂(1530~35年)がある。
 内部は17世紀に改築されたを保っている。右側廊には荘厳な聖ドミニクスの礼拝堂cappela di S.Domenico(1597~1605年)。後陣ドームにはグイド・レーニの「聖ドミニクスの栄光Gloria di S.Domenico」のフレスコ画があり、そこに聖ドミニクスの石棺 acra di S.Domenicoがある。この聖人の物語を描いた棺の制作はニコラ・ピサーノに発注され、1265~67年に弟子のアルノルフォ・ディ・カンビオ Arnolfo di Cambio、パーニョ・ディ・ラーポ Pagno di Lapo、フラ・グリエルモ fra'Guglielmoらの手で作られた。
 ボローニャの守護諸聖人の像のシーマ(くり形、1494年)はニッコロ・デッラルカ、右の天使と聖ペトロニウス、聖プロクルスの像(1494年)はミケランジェロの作である。石棺の背後に聖ドミニクスの頭骨を入れた聖遺物箱がある。これはヤコポ・ロゼートの重要な作品(1383年)である。
 右翼廊の祭壇にグレルチーノの「聖トマス・アクイナス S.Tommaso d'Aquino」が描かれている。
 聖堂内陣右礼拝堂にはフィリッポ・リッピの「聖カテリナの神秘の結婚 Sposalizio di S.Caterina」。
 中央後陣には寄木細工の聖歌隊席(1541-51年)。
 建物の上部の、金色に彩色されたコーニスには、パルトロメオ・チェージの「キリストの公現」と、その両側に「聖ニコラウスと聖ドミニクスSs.Nicola e Dominico」が描かれている(1595年)。
 左翼廊の右礼拝堂にジュンタ・ピサーノのカンヴァス画「キリスト磔刑」(1250年)と14世紀のトスカーナ派の作品「タッデオ・ペポリの埋葬sepolcro di Taddeo」。
 左側廊にあるアントニオ・テッリビリア Antonio Terribiliaの設計(1515年)したギリシャ十字の第7礼拝堂祭壇にデネイス・カルファートの「受胎告知」。第5礼拝堂(外側は後期ゴシック様式の多角形構造)は1460年の構造で、、カルファート、チェージ、カッラッチ、レーニ、アルバーニその他が描いた「ロザリオの15玄義」がある。
 三方が壁に囲まれた次の広間にはフランチェスコ・シモーネ・フェッルッチ Francesco Simone Ferrucci作のアレッサンドロ・タツターニAlessandor Tartaniの記念像。
 第2礼拝堂にルドヴィコ・カッラッチの「聖ライモンド・デ・ペニャフォルトS.Raimondo di Penaforto」。
 右側廊奥の聖具室から博物館Museoに入る。ここにはニッコロ・デッラルカのテラコッタの聖ドミニクスの胸像(1474年)、1460年作の福音史家聖ヨハネの頭像のある美しい円形画、絵画ではリッポ・ディ・ダルマジオの「ビロードの聖母子」、壁からはがされたルドヴィコ・カッラッチのフレスコ画数点。その他交唱歌集、金銀細工宝石類、祭壇用掛け布・聖衣類が収蔵。
 教会右側廊から「死者の回廊つき中庭chiostoro dei Morti」(14-15世紀)に通ずる。聖ドミニクスの礼拝堂の後陣とロマネスク=ゴシック様式の鐘楼(1336年)がそびえている。

 イタリア旅行協会公式ガイド2 イタリア北部 NTT出版発行 1995年 より一部抜粋し訂正・修正しました。

何かのご参考に。内容的には誤植などが見られるものの、イタリア美術史を学ぶ人には最適な美術観光ガイドブックです。中身があまりにも濃いために、なかなか改訂版が出ないのが玉に瑕。
[PR]
by nefeltahli | 2006-09-23 09:30 | イタリア トスカーナの休日

日々のメモ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31